工数削減して管理を便利に!賃貸管理システムは導入する利点が沢山

シニア市場を取り込もう

メンズ

高齢化社会が急速に進んでいます。65歳以上の人口が今後も増えていくことを見越してシニアビジネスに注目が集まっています。このような状況の中で、有料老人ホームやシニアマンションといったヘルスケア施設で不動産投資を行っている人も少なくありません。一方で、ヘルスケア施設に興味はあるものの、どのようにこれらの物件を手に入れたらよいのかわからないと悩んでいる人や、そもそもまとまった資金がないために、興味はあっても動けないとあきらめてしまっている人も多いです。このような人たちにお勧めの投資手段が上場不動産投資信託です。上場不動産投資信託の中にはヘルスケア施設に特化した銘柄もあれば、運用対象の一部として組み入れている銘柄もあります。

しかも、これらの銘柄のスポンサーには、介護ビジネスに強い企業が名を連ねています。介護ビジネスに対してノウハウを持った人たちが運営しているので、自らヘルスケア施設を保有するよりも、効率的に運用することが可能です。ちなみに、上場不動産投資信託は実物不動産へ直接投資をするより、はるかに投資金額を抑えることができます。異なる銘柄に投資をすれば、分散投資の効果も高まります。上場不動産投資信託は証券会社に口座を開いておけば、電話注文やインターネットでも注文をすることができます。現在、ヘルスケア施設特化型の上場不動産投資信託は4%から5%の分配金利回りとなっています。上場不動産投資信託を通じて有望な市場に投資をしてみましょう。