工数削減して管理を便利に!賃貸管理システムは導入する利点が沢山

握手

企業戦略の一つ

企業買収は事業の戦略のひとつとして利用されることが多くなっています。新規事業への参入や既存事業の拡大、そして弱い部門の強化などにも役立てることができるのです。しかし実力値を見誤ることで採算が取れなくなる可能性は認識しておく必要があります。

集合住宅

不動産を活用しよう

投資用マンションは相続税の節税対策にもなります。多くの現金や銀行預金を大事に持っているようであれば、そのうちの一部を投資用マンションに振り替えておくことで、無駄な税金を支払わずに済ませることができます。

イチオシサイト

  • 管理業務のパートナー 不動産管理システム導入ガイド

    賃貸管理システムに関する情報をサイトで取得。業務をもっと効率化できるので、とってもお勧めされています。

オーナー待望のシステム

住宅模型

管理工数を削減

多くの不動産を投資対象として所持している場合、その管理が一番大変になります。マンション自体の管理はマンション管理会社にお願いすることで事足りますが、収入や賃貸状況などの管理はオーナー自身で行う事が一般的です。どのマンションのどの部屋にどのような住民が入居して、いつ契約更新期間が訪れるのか、家賃は滞納していないかなどのチェックをすることが管理です。毎月の家賃になりますので、この管理は継続的に行う必要があります。そこで賃貸管理システムを上手に活用することをおすすめします。賃貸管理システムは不動産オーナーの為に開発された管理システムです。住民の状況を一元管理する事ができるようになっているのです。契約期間や家賃などすべての情報が管理できます。

簡単に利用可能

賃貸管理システムは、忘れがちな更新手続きなどのアラートを発することができる点が魅力になっています。来月更新を迎える人の一覧や、家賃滞納者の一覧、そして火災保険の更新者の一覧などを抽出することができるのです。これを利用することで今まで書類管理していたものがパソコン上で簡単に管理することができます。クラウドシステムなどを利用すると賃貸管理システムを外出先でも利用することができるようになります。不動産投資を複数の物件で行っている場合や他の事業を同時進行で行っている場合など、管理する時間を確保することができない人などに便利に利用してもらえるシステムになっています。価格も安くインストールするだけのものが多くお手軽に利用できるのです。

メンズ

シニア市場を取り込もう

高齢化社会の広がりによりシニアビジネスに注目が集まっています。有料老人ホームやシニアマンション等のヘルスケア施設に関心があるのであれば、ヘルスケア施設に特化した上場不動産投資信託を保有するというのも選択肢の1つです。